Neuro-Bridge

  BrainAthlete

B-Bridge Internationalが開発したBrain Athleteは、脳波計測に必要な機能だけをパッケージング。 軽量で装着時の負荷が少なく、 研究・開発に適したフォルムになりました。

Brain Athleteは、脳波計本体を付属のサンバイザーから取り外しが可能です。 市販のバンドを使用することでバンド型としてご利用になれます。

搭載されているNeuroSky製の脳波計測モジュールを採用しています。 これまで開発ツール(MDT)などで作成したアプリケーションやプログラムもそのままご使用いただけます。

PC、スマートフォン(Android)との通信には、Bluetooth(2.0)を使用。

【Brain Athleteから出力されるデータ】

  1. Attention, Meditation:NeuroSkyのeSenseアルゴリズムによる集中度、リラックス度の値。
  2. RawWave Value:原波形のデータです。
  3. ASIC EEG Power:delta, theta, low/high alpha, low/high beta, low/mid gamma
  4. Signal Quality:転送されるデータの信頼性を表しています。

【仕様】

  1. 本体重量:約100g
  2. 外形寸法:54 x 25 x 17 mm
  3. 使用電源:DC3.7V
  4. 消費電力:115mAh

  5. サンプリングレート:512Hz
  6. ADCソリューション:12bit (-2048 - 2047)
  7. UART Baudレート:57,600 Baud
  8. SPPスループット:9,600 Baud
  9. S/N比:>70dB
カタログのダウンロード

【価格】

(BA-001)38,000円(税, 送料別) お見積りはこちら

  B3 Analyze Tool

B3 Analyze Toolは、脳波を記録、解析するためのWindows用のソフトウェアです。
簡易脳波計Brain Athleteと合わせて使うことで、映像と同期したデータ記録ができるようになります。
また、フィルタリング設定(バンドパスフィルタ)の機能を搭載しており、必要な帯域だけを抽出して記録することも可能です。
さらにB3 Analyze Toolでは、ソフトウェア上で記録したデータの編集が可能。膨大な記録データから重要な部分だけを編集で切り出し、効率的に解析を進めることができます。

脳波の記録・解析を一新するソフトウェア「B3 Analyze Tool」発売開始しました。

フィルタリング周波数の設定が可能に。

計測する環境やターゲット帯域にあわせてバンドパスフィルタの設定をすることができます。

ウェブカメラで撮影する映像との同期が可能に。

PC搭載のカメラやウェブカメラと連動して、映像と脳波の同時記録が可能になりました。
※音声は記録されません

もちろんB3 Bandからのデータは全て記録。

B3 Bandから出力されるデータはすべて記録します。また、ソフトウェア側でFFTを行なっています。

【システム要件】

B3 Analyze Toolが必要とするWindowsPCの性能は、以下のとおりです。

  1. OS           WindowsXP/Vista/7
  2. CPU          Intel Core2Duo 以降
  3. RAM          1GB以上必要(2GB以上推奨)
  4. HDD(空き容量)    160MB以上
  5. ディスプレイ解像度    1024 x 768 px以上
  6. カメラ          ダイレクトショー対応カメラ

※WindowsXP, VistaとWindows7とではインストーラパッケージが異なります。ご注意ください。

カタログのダウンロード

【価格】

B3 Analyze Tool(BA-APP-N001)80,000円(税, 送料別) お見積りはこちら

  Little Mind Monitor

B-Bridge製のB3 Band, BrainAthlete, NeuroSky製のMindSetと, Android(Ver.2.3以降)を搭載したタブレットやスマートフォンと Little Mind Monitorを組み合わせることで, 実験室の中だけでなく, いつでもどこでも脳波データを計測・記録することができます。

高性能化してきたAndroidタブレットやスマートフォンとの組み合わせは, 今まで困難であった様々なシチュエーションでの脳波計測を可能にします. 脳波計測だけでなく, GPSによる位置情報の記録やビデオ再生と組み合わせた脳波計測ができます。

可搬性に優れたタブレットやスマートフォンを利用することにより, 日常の脳波の変化を捉えることが可能になります。 またGPSと組み合わせることで, たとえば自動車の運転中の脳波の変化を計測することも可能になります。

計測データとして, B3 BandやBrainAthlete, MindSetが出力する脳波波形(原波形)と, Attention, Meditation 値を保持します。

計測データのファイルはメールやファイル共有ソフト(DropBoxやEverNoteなど)を利用して, 簡単にPCへの転送や共有ができます. PC用のファイルビューワー Little Mind File Viewerを利用してCSVファイルに変換できますので, ExcelやMATLABで利用することも可能です。

カタログのダウンロード

【価格】

Little Mind Monitor(BA-APP-LM1) 86,400円(税込, 送料別) お見積りはこちら